即日キャッシングするならここ!おすすめランキング!

キャッシング,即日,融資,審査,カードローン,申込

レイクカードローンの体験談を口コミレビューしちゃいます!

レイク,体験,口コミ,レビュー,カードローン

最近では、テレビをつければカードローンのCMが頻繁に流れています。

アイドルを起用するところもあれば、中堅どころの女優を起用しているところ、複数の芸能人を起用している会社もありますよね。
その中でも知名度が高い消費者金融といえば、「レイク」が挙げられます。
そう。あの、「ほのぼのローン、ほのぼのレイク??」というCMソングで有名な消費者金融です。

 

さて、現在では大手の消費者金融が実施しているサービスに、“初めて利用する人特典”として「無利息ローン」があります。レイクもご多分に漏れず、このサービスを行っているのですが、他の消費者金融とはひと味違ったサービスをしています。
じつは、2種類の無利息サービスを用意しているのです。
これが、僕が数ある消費者金融からレイクを選んだ最大の理由です。

 

その無利息ローンですが、次の2つになります。

 

@ 30日間以内に借り入れた金額を返済すれば、利息は0円
A 5万円分が180日間無利息になるプラン

 

はじめて利用する人は、このどちらかを選ぶことができるのです。

 

さて、この2つのプラン。どちらがお得なんでしょうか?
僕も実際に選択に迫られた時、ネットで検索して体験者のコメントを拾ったのですが、結論を言えば、それぞれの利用者によってベストな選択肢は違う、ということでした。借り入れ金額と返済期間によって、どちらのプランを利用したらお得になるのかが変わってくるわけです。

 

もしあなたが例えば10万円を1カ月だけ借りようと思っているなら、@のほうがお得です。翌月に返済すれば、利息はゼロになりますからね。
また、あなたが5万円を借りて、半年くらいかけて返済していこうと思っているなら、断然Aになります。こちらも半年間、利息はゼロですからね。

 

ちなみに僕の場合は、急に車の修理代で5万円ほど必要になったので、Aを選びました。なぜAかといえば、この5万円の副収入が向こう半年間で入る予定がなかったからです。いろいろ節約しながら、コツコツ半年間かけて、支払っていきました。でも利息はゼロですから、とても得をした気分になったのを覚えています。

 

そういえば、レイクが気に入った理由に、電話で問い合わせをしたときの対応がすごくよかった、というのも挙げられます。
なんでも、レイクでは、女性にとって借り入れの相談を気軽に行える、レディースキャッシングの窓口も用意されているんだとか。その場合は、必ず女性のオペレーターが対応してくれるんだそうです。
このあたりもレイクが人気のある秘密かもしれませんね。

 

新生銀行カードローン レイク

キャッシング,即日,融資,審査,カードローン,申込

レイクカードローンの体験談を口コミレビューしちゃいます!記事一覧

それではレイクのカードローンを、いざ申し込もうとしたとき、店頭窓口以外にどんな方法があるか調べてみましょう。基本は以下の4つになります。@ 電話A 郵送B 自動契約機C インターネット@番の電話ですが、レイクのホームページを検索して、コールセンターの番号を調べたら、アクセスします。カードキャッシングを希望している旨を伝えれば、オペレーターが案内してくれます。でも電話は基本、問い合わせというか、疑問...

レイクの魅力は、なんといっても大手の銀行である「新生銀行」がバックについているというところが挙げられます。資本力も問題ありませんし、何よりもちゃんとした銀行なだけに、例えばちょっと延滞しただけ怖い電話がかかってくるとか、そんなひと昔まえに消費者金融のようなことはないという安心感があります。消費者金融というと、どうしても身構えてします人も多いかと思いますが、ご安心ください(苦笑)。CMをやっているよ...

さて、ここまで借りることについてばかり解説してきましたが、ここでは返済について解説していきましょう。レイクの返済方式は、「残高スライドリボルビング」と「元利定額」2種類のリボルビング方式があります。毎月一定の金額を返済していく「リボルビング払い」は、借入残高が大きくなればなるほど、決められた金額を支払っているだけで、一向に元金が減っていかないという状況に陥ります。そこで、「残高スライドリボルビング...

すでにレイクでカードローンをしている人の中には、限度額をもう少し引き上げてくれないかなぁ…なんて思っている人もいるかもしれません。いわゆる「増額」ですが、これはどのような場合、審査を通るのでしょうか?ここでは、新生銀行カードローン「レイク」の増額について、説明していきましょう。まずは「増額」ですが、そんなに難しいことではなく、ある一定の条件を満たしていれば可能です。その条件とは、最初の融資の申込を...