即日キャッシングするならここ!おすすめランキング!

キャッシング,即日,融資,審査,カードローン,申込

レイクカードローンの返済方法は?

レイク,返済,方法,カードローン

さて、ここまで借りることについてばかり解説してきましたが、ここでは返済について解説していきましょう。

 

レイクの返済方式は、「残高スライドリボルビング」と「元利定額」2種類のリボルビング方式があります。毎月一定の金額を返済していく「リボルビング払い」は、借入残高が大きくなればなるほど、決められた金額を支払っているだけで、一向に元金が減っていかないという状況に陥ります。

 

そこで、「残高スライドリボルビング」の登場です。これは簡単に言ってしまえば、毎月の返済金額が、残高にあわせてスライドしていくのです。借入残高が大きいときは、返済額も大きくなりますし、借入残高が少なくなっていくと、返済額も少なくなっていくので、効果的に元金が減っていくわけです。
もう一つの「元利定額」ですが、これは毎月5,000円の返済の場合、1,500円が利息で、残りの3,500円が元金の支払いに当てられるといった形になります。こちらも効率的に元金を減らしてくれます。
次に、レイクの金利についてですが、4.5%〜18.0%となり、契約段階では18.0%になることが多いようです。また、遅延損害金の20.0%は、返済期日に遅延した場合のみ発生します。利息・遅延損害金はいずれも日割りで発生するため、より早く返したほうがお得と言えるでしょう。
最後に月々の返済方法ですが、レイクではだいたい5種類の返済方法があります。
まずは、レイクのATMを使った方法。店舗や自動契約機コーナーなどに設置されているので、わかりやすいですよね。手数料も無料。一括払いも可能です。ただし、営業時間外は利用できないので、注意しなければいけません。

 

次は、銀行振込。でもコレって少し面倒ですよね…。振込手数料ももったいないですし。

 

利便性を考えるなら、自動引き落としも○です。自動的に口座からお金を引き落として返済してくれるので、期日を忘れることなどありません。でも、指定口座に残高がないと引き落としできないので、注意が必要です。

 

最近、利用者が増えている返済方法は、提携ATMとインターネット返済です。提携ATMとは、レイクが提携している銀行やコンビニのATMのこと。レイクは主要な銀行やコンビニと提携しているので、いろいろな場所で返済をすることが可能です。また、深夜営業しているコンビニのATMなら、24時間返済することもできます。一年中いつでも利用できるので、とても便利な返済方法と言えるでしょう。

 

また、インターネット返済も魅力的です。インターネット返済はパソコン・スマートフォンで利用できるので、利用する場所はどこでも構いません。また、営業時間は無関係なので、24時間年中無休で返済することができるというメリットもあります。

 

このように、ストレスなく月々の返済をしていくこともとても重要な要素です。自分にあった返済方法を見つけてくださいね。

 

新生銀行カードローン レイク

キャッシング,即日,融資,審査,カードローン,申込

関連ページ

レイクカードローンの申込方法はどんなものがあるの?
レイクのカードローンを、いざ申し込もうとしたとき、店頭窓口以外にどんな方法があるか調べてみましょう。
レイクカードローンの審査はどうやっているのか?
レイクカードローンの魅力は、なんといっても大手の銀行である「新生銀行」がバックについているというところが挙げられます。 ですが、相手もボランティでお金を貸しているわけではありません。ちゃんとその人間に返済能力があるのかを、契約時に見極めているわけです。 では、この俗にいう「審査」はどんなことをしているんでしょうか?
レイクカードローンの増額はどうやるのか?その手続きは?
すでにレイクでカードローンをしている人の中には、限度額をもう少し引き上げてくれないかなぁ…なんて思っている人もいるかもしれません。いわゆる「増額」ですが、これはどのような場合、審査を通るのでしょうか?