即日キャッシングするならここ!おすすめランキング!

キャッシング,即日,融資,審査,カードローン,申込

キャッシングの審査が通らない人の特徴は?

キャッシング,通らない,特徴,審査,基準

キャッシングやカードローンの申し込みの際に、必ず必要になる厳しい審査。

これは形式的なものではなく、お金を貸しても大丈夫なのかをしっかりとチェックするものです。?それゆえに、意外と審査を通らなかったという人も多くいるようです。

 

では、どんな人がキャッシングの審査に通りにくいのでしょうか。これは各社のホームページなどで確認できるキャッシングの審査項目を通して知ることができます。

 

まず初めにホームページで、「審査対象となる人」を確認してみましょう。
すると多くの業者で「20歳以上で安定した収入が見込める方」と記載されています。

 

キャッシングやカードローンは、返済を毎月分割で行う場合がほとんどなので、安定して長期的に収入が見込めなければいけないということです。

 

つまり、しっかりとした定職についていることが最初の条件となります。審査に通らない人の特徴として、当然のことながら無職の方は通ることはありません。さらにアルバイトやパート、派遣社員、契約社員といった非正規雇用の場合にも通らない可能性が高くなります。?

 

また、正規雇用であっても勤務を始めてから日が浅い場合、一般的には勤務年数が一年未満の場合にも審査に通らない可能性があります。

 

この他に、住居形態や住居年数などもチェックされ、住まいが転々としている人や、今の住居に住みだして間もない方も通らないことが多くなるようです。

 

すでに他社からの借り入れがある場合は審査通過が難しくなることは当然ですが、例えば家賃を滞納していたり、携帯料金の滞納なども他社からの借入と同じような扱いとなってしまいますので注意が必要です。

 

最後に意外と多い審査に通らない人の特徴として、初めてのキャッシングで何としても融資してもらおう思うあまり、複数の業者に同時に申し込みをしてしまう事も挙げられます。
キャッシングは申し込みをした時点で信用情報機関に登録され、全国の金融機関でその情報が共有されるため、複数の申し込みがあると、それも知れ渡ってしまい「こんなにたくさん申し込むのはおかしい」と怪しまれて、その結果審査に通らないといったことに繋がってしまいます。

関連ページ

キャッシングの審査で甘いサービスなんてありますか?
キャッシングやカードローンを利用する際は、厳しい審査を通過しなければ融資してもらうことができません。ではその審査内容を比べた時に、チェックが“甘い”業者やサービスはあるのでしょうか。
キャッシングの審査基準を教えてください!
営業日の午前中に申し込みをすると、直ぐに審査が行われてその日のうちに指定の銀行口座に現金が振り込まれるなど、直ぐにキャッシングを利用することができて、とても便利です。 この短時間で融資可能かを判断する審査はどのように行われているのでしょうか。キャッシングをこれから利用したい人にとっては気になる点ではないでしょうか。
キャッシングの審査に在籍確認は不要?
キャッシングを申込むとまずは個人のプロフィールを申告します。 第三者の信用情報機関への照会で審査の後に、この審査を通過すると、いよいよ契約となりますが、その前にあるのが在籍確認です。
専業主婦だとキャッシングはできませんか?
専業主婦に対しては大半のキャッシングサービスの運営会社から、自ら働いて収入を得ていない以上、「返済能力が無い」と判断され、貸し付けを断られてしまうことが多いようです。
学生だとキャッシングはできませんか?
一番大事なのは安定した収入があるかどうかであるため、学生であってもアルバイトをして定期的な収入があればキャッシングが大丈夫な場合があります。
無職だとキャッシングはできませんか?
キャッシングの審査で本人年収の部分では勤続年数が1年に満たない場合は1年間の予定年収を入力します。現在は無職でも就職活動が成功して仕事に就くことができたら、改めて申し込み手続きができるようになります。
自営業だとキャッシングはできませんか?
学生や専業主婦とは別に、自営業者・個人事業主はキャッシングが可能なのでしょうか?? 基本的に安定した収入があるかどうかが一番の審査基準であるため、条件が合っていれば利用可能です。