即日キャッシングするならここ!おすすめランキング!

キャッシング,即日,融資,審査,カードローン,申込

キャッシングの審査基準を教えてください!

キャッシング,即日,融資,審査,基準

キャッシングという言葉を耳にしたり、広告を目にすることが多くあります。?簡単に言うと「お金を借りる事」を意味し、消費者金融だけではなく銀行や信用金庫などが用意している個人向けローンを利用する事をキャッシングと呼んでいるのです。

 

お金を借りる場合、お金を貸す側は申込者が返済出来る人物であるか否かの審査を行う事になります。

 

ただ最近では、消費者金融や銀行、信用金庫などの個人向けローンは利用使途が原則自由となっていて、保証人や担保が不要であるため即日融資も可能なケースが多くなっています。
例えば、営業日の午前中に申し込みをすると、直ぐに審査が行われてその日のうちに指定の銀行口座に現金が振り込まれるなど、直ぐにキャッシングを利用することができて、とても便利です。

 

この短時間で融資可能かを判断する審査はどのように行われているのでしょうか。キャッシングをこれから利用したい人にとっては気になる点ではないでしょうか。

 

日本国内には信用情報機関と呼ばれている会社組織が3社あります。

 

貸付を行う銀行や貸金業者、信販会社がそれぞれ異なる信用情報機関に登録し、信用情報機関が管理している個人信用情報を基にお金を貸しても平気な人物かどうかを即座にチェックしているのです。

 

個人信用情報には過去の借金についての情報や最近の申込み記録などが掲載され、信用できる人物かどうかが照会されます。

 

仮に、債務整理・自己破産をしたことがある場合にはブラックリストと呼ばれる状態になっているため、信頼性に欠けるとして融資を断わられるケースが多くあります。過去の借金で返済がたびたび遅れている事なども信用情報機関の個人信用情報には記録が残されています。

 

また、短期間に複数の消費者金融に対して申し込みをしている場合は、お金に困っていると判断されてしまうため注意が必要です。

 

なお銀行などの場合、消費者金融が保証会社を担っているケースもあり、銀行の個人信用情報と消費者金融が登録している2つの個人信用情報が照会されて審査を受ける事になります。その場合は、銀行に返済が遅れたことが無くても、消費者金融で返済が遅れたことがあれば、それを加味して審査が行われるなど、個人信用情報が重視されるのが特徴です。

関連ページ

キャッシングの審査で甘いサービスなんてありますか?
キャッシングやカードローンを利用する際は、厳しい審査を通過しなければ融資してもらうことができません。ではその審査内容を比べた時に、チェックが“甘い”業者やサービスはあるのでしょうか。
キャッシングの審査が通らない人の特徴は?
キャッシングやカードローンの申し込みの際に、必ず必要になる厳しい審査。 これは形式的なものではなく、お金を貸しても大丈夫なのかをしっかりとチェックするものです。?それゆえに、意外と審査を通らなかったという人も多くいるようです。
キャッシングの審査に在籍確認は不要?
キャッシングを申込むとまずは個人のプロフィールを申告します。 第三者の信用情報機関への照会で審査の後に、この審査を通過すると、いよいよ契約となりますが、その前にあるのが在籍確認です。
専業主婦だとキャッシングはできませんか?
専業主婦に対しては大半のキャッシングサービスの運営会社から、自ら働いて収入を得ていない以上、「返済能力が無い」と判断され、貸し付けを断られてしまうことが多いようです。
学生だとキャッシングはできませんか?
一番大事なのは安定した収入があるかどうかであるため、学生であってもアルバイトをして定期的な収入があればキャッシングが大丈夫な場合があります。
無職だとキャッシングはできませんか?
キャッシングの審査で本人年収の部分では勤続年数が1年に満たない場合は1年間の予定年収を入力します。現在は無職でも就職活動が成功して仕事に就くことができたら、改めて申し込み手続きができるようになります。
自営業だとキャッシングはできませんか?
学生や専業主婦とは別に、自営業者・個人事業主はキャッシングが可能なのでしょうか?? 基本的に安定した収入があるかどうかが一番の審査基準であるため、条件が合っていれば利用可能です。